蜜柑ボックス

ネタバレだけのゲームブログ。非公式です。

夢100@「聖夜に灯る水晶花」後編結果

夢100でめざめのコインを収集してせっせかガチャを回すイベント「聖夜に灯る水晶花」が終了しました。

聖夜に灯る水晶花の前編のめざめのコインガチャではイベント☆5のヘルトが全く出て来ないという残念な結果になりました。

いつものように結果から書きますが、後編は残念でもなければ幸せな結果でもありませんでした。

 

そうです、今回の記事は面白い記事とは言えませんのでその点を承知の上でお読みくださいませ。

 

ヴァイリー 月覚醒

冬という事もあり、月覚醒は銀色をイメージした衣装です。

赤髪は白だったり銀だったりの衣装が似合います。

 

出来たら、前方から風が吹いてロングコートがふわっとなった感じを見たい。ロングコートは風でふわっとなった時、ロングコートの役目を果たすと言っても過言ではないでしょう。

f:id:itinosemikan:20181215075909j:plain

バトルスキルが固定値回復で著者にとっては優秀です。

固定値回復の優秀な点としては、スキル発動に必要なピースの数が普通の「回復大」等のスキルよりも圧倒的に少ない点です。

もちろん、回復量としては「回復大、特大」のスキルの方が優秀ですが。

とりわけ、著者は所持している赤属性の王子様が少ないので、尚著者にとっては優秀です。

 

覚醒前は固定値回復2000でしたが、覚醒後は2500と回復量が500増えて居ます。

赤属性の王子様が増えたら赤パで是非利用したい王子様の1人です。

 

規定回数回した結果

規定回数の報酬の中に前編のイベント王子様のヘルトとジェルバーが1人ずつ出てきてくれました。ジェルバーはリングの欠片に変えられますが、ヘルトは貴重な人材です。

 

何分前編のめざめのコインガチャは本当にイベント☆5のヘルトが出て来なかったから。

 

ヴァイリー

1人も愛情突破していません。イベント期間中に愛情突破しても良かったのですが、規定回数ガチャはヴァイリー1人出てからイベント期間中には回していなかったので愛情突破出来ないのです。

そして、イベント終了後もしばらくは愛情突破されない事でしょう。

f:id:itinosemikan:20181215080021j:plain

合計5人です。

月覚醒と太陽覚醒の両方とも愛情突破マックスにするには残り5人必要ですが、著者は別に両覚醒愛情突破しなくても片方愛情突破出来れば良いのです。

 

しかし、シークレットストーリーは両覚醒読みたいのです。

 

なので、残り3枚来て頂ければよいのです。

10枚くださいとは言ってないのです。たったの3枚なのです、きっと出てきてくれるでしょう。

 

ひたすら回した結果

いつもよりコインは少なめです。

f:id:itinosemikan:20181215080008j:plain

コインが少なめになった理由としては後半のイベント期間中にランクアップが無かったからでしょう、きっと。

それでも2000枚で10連になるとそれなりな回数回せるわけです。

 

ヴァイリー

f:id:itinosemikan:20181215081007j:plain

8枚。

「3枚ぐらい余裕に出てくるだろう」と思っていましたがギリギリでした。

もちろんガチャを引きながら「わー。3枚出てきたー」と思いながら引いているわけではありません。

このブログを書く直前に確認して「お、おう、今回ギリギリやん」と思いました。

 

クリスマスイベントはサンタさんがプレゼントを渡しまくるという印象がある故に優しいイメージが付きまといます。しかし、夢100のクリスマスイベント第1弾の「聖夜に灯る水晶花」は前編後編共に大変シビアな世界でした。

 

若しくは、著者の運が12月に入った事により落ちた可能性もあります。恐らくこちらが正しい事でしょう、きっと。

 

☆3王子様

f:id:itinosemikan:20181215081032j:plain

13人。

ほとんどの王子様がリングの欠片に変えられます。しかし、珠李が両覚醒愛情突破を1回も出来ていない事が判明したので、珠李は回収。

 

何故珠李だけが愛情突破出来て居ないのかは分かりません。著者の1種のいじめなのかもしれませんが、無意識なのでどうしようもありません。

 

以下長めの内訳

・澄快

・フォーマ

・ジェイ

・アルフレッド 2枚

・ダルファー 2枚

・トト

・リド 2枚

シリウス

・珠李

・グウィード

 

夢100@「聖夜に灯る水晶花」についての記事はこちら

 前編の王子様についてと使用していた編成について主に書いています。

itinosemikan.hatenablog.com

 

前編のめざめのコインガチャが無事失敗に終わった結果が以下から読めます。
itinosemikan.hatenablog.com

 

後編で使用していた王子様はこちらから読めます。

 

itinosemikan.hatenablog.com

 

 

アイ★チュウ@ビンゴイベント「隠し事を指先に秘めて」結果

アイ★チュウで行われていたくまカロンひたすら1人で回収するビンゴイベント「隠し事を指先に秘めて」が終了しました。

ビンゴイベントにはイベントランキングが無い唯一のアイチュウのイベントです。なので、競う相手は自分自身です。そして、著者は著者自身と争うわけですが、ほとんど敗北します。

 

ですが、イベントランキングが無いという事は弱い編成でもある程度時間を掛ければ確実にイベントアイチュウLEを入手出来るので、唯一の初心者プロデューサーにとっては救いのイベントです。

 

12月に入り周りはクリスマス一色ですが、アイチュウではアイチュウを貫いています。

要するに「アイチュウは12月に入ってから簡単にクリスマスは行われない」という事です。

 

確かに12月の世の中のメインのイベントはクリスマスかもしれません。しかし、12月1日からクリスマスではないのです。クリスマスは12月25日の1日だけなのです。

 

という事で、「クリスマス」という行事を簡単に使用しないという素敵なリズムゲームはアイ★チュウです。どうかよろしくお願いします。

 

 

イベントアイチュウチェンジ

今回はイベント終了後にチェンジしました。イベント中に好感度を上げても良かったなぁと後々思いました。

しかし、期間限定配信で2018総選挙第2位になったランスロット三千院鷹道のソロ曲が配信されています。せっかくなので三千院鷹道のソロ曲で好感度を上げていました。

 

ビンゴイベントでも鷹道、期間限定楽曲のソロ曲でも鷹道という、鷹道推しの方には素敵な日々でしょう。

鷹道推しでない方もきっと「楽曲素敵だわぁ」と思っている事でしょう。少なからず著者は「素敵な楽曲や」と思いました。

 

アイキッズ 牧瀬真弓

衣装は三千院鷹道の1周年のカードの衣装とお揃いです。最近のイベント傾向として、アイキッズは1周年カードの衣装とお揃いです。

f:id:itinosemikan:20181213000732j:plain

髪の毛を緑にしたらほとんど鷹道です。目の色もほとんど一緒なのでカラコンを入れる事も不要なぐらい鷹道にそっくりです。雰囲気もほとんど鷹道です。

裏設定で鷹道の生き別れの弟なのかもしれませんが、恐らくそのような公式発表はありません。しかし、誰がどう見ても真弓の鷹道のそっくり具合のレベルは高いのです。

 

世の中では「形から入ると失敗しやすい」と言うそうです。

ここで著者の持論を書くと「形すら入れない奴の方が失敗するよ」と書いておきましょう。著者自身、形から入るタイプなのですが、そもそも形すら入らない物はほとんど手をつけません。

 

「何かやる気湧かねーぜ」という時は、やりたい事のモノマネから初めれば良いのです、きっと。そして、モノマネが自分の型に合ってたらそのまま行けば良いのです。

 

UR 枢木睦月

著者の好きなロングコートです。かつ、ロングコートがふわっとなっています。

更に睦月は眼鏡です。恐らく今回の睦月のカードは著者への運営からのプレゼントなんじゃないかと勝手に思っています。

とりあえず、著者は眼鏡とロングコートが好きです、それだけです。

f:id:itinosemikan:20181213000611j:plain

タネも仕掛けもなければ超能力でマジックをすれば良いのです。

眼鏡を着用している睦月にはきっと超能力と睡眠欲がある事でしょう。 

 

睦月の場合はマジックの後半に自分自身に催眠術を掛けて眠ってしまうイメージがあります。そして、睦月が眠りに付くと同時にマジックショーは終わります。

 

著者は睦月推しではないので良く分かりませんが、きっと睦月推しの方が得するイベントでしょう、きっと。

可能なら眠った睦月を回収するのは皐月にお願いしたい。

 

GR 三千院鷹道

チェンジして真っ先に「綺麗なカードだなぁ」と思いました。GRのカードには背景があるのでほとんどのカードが綺麗に見えます。

また、カードでも鳩や羽を散らせば不思議な事に綺麗なカードになる事でしょう。そして、今回のカードが鳩も羽も散らばっているカードです。

f:id:itinosemikan:20181213000332j:plain

ストーリーをまだ読んでいない著者は結局何を指先に隠しているのかは分かりません。しかし、指先に鳩を隠していた可能性があります。

 

仮に鷹道が指先に鳩を隠していたとするならば素直に「鷹道、凄いな」となります。しかし、指先に鳩を隠すとなると睦月の超能力以上に強い力が鷹道にはきっとあるのでしょう。

 

そうなると、将来的には鷹道はマジックで成功してアイドルは副業という形になりかねません。しかし、鷹道の性格上マジックを行っている最中で可愛い失敗をする事でしょう。そんな所のある鷹道が素敵です、本当に。

 

カードスキルが判定強化で、リーダースキルが赤ピンアなので、苦手な楽曲でピンアを使用する時に多少は判定強化で体力が減る事を抑えれます。

苦手な楽曲でピンアを使用する時に安定するスキルはやはり「体力回復」ですが、体力回復使うまでもないなぁというちょっとプロデューサー歴の長い方には使いやすいカードだと思います。

 

くまカロンガチャ結果

今回のビンゴイベントで大量のくまカロンを回収出来ませんでした。

確定で交換したのは以下の3枚。

・LE三千院鷹道 1枚

・SR枢木睦月 1枚

・アイキッズ 牧瀬真弓 1枚

 

残ったくまカロンは「イベントLE10%」のガチャを引きました。

f:id:itinosemikan:20181213001415j:plain

ガチャを回した回数は8回です。ちょこっと長めの内訳は以下。

 

・ディスク 1枚

・LE 三千院鷹道 1枚

・SR 枢木睦月 1枚

・SR くま校長 1枚

・RRくま校長 4枚

 

8回という少ない回数を回しましたが、イベントアイチュウのLEとSRは出てきてくれました。欲を書くならアイキッズも出てきて欲しかった所。

恐らくアイキッズはディスクに化けて出てきてくれたのでしょう、きっと。

 

アイ★チュウ@「隠し事を指先に秘めて」についての記事はこちら

 主に使用していた編成についてと、チェンジ前のアイチュウについて書いています。

itinosemikan.hatenablog.com

 

夢100@「聖夜に灯る水晶花」後編

夢100でめざめのコインをせっせか集めて、せっせかめざめのコインガチャを回すイベント「聖夜に灯る水晶花」の後編が始まっています。

 

年末で職場でも自宅でも今年の仕事を終わらすためにせっせか働いて、せっせか自宅の掃除をして、挙句に夢100の中でもせっせかクエストをクリアしています。

 

平成最後の年末は「現実も画面上の中でもせっせか動いた」これに尽きるでしょう。

 

そして、平成の次の元号になった時も著者の腰痛が今より悪化しない限りせっせか働き続ける事でしょう。同時に画面の中でもせっせか動き続けるでしょう。

 

叶う事ならば平成の中に腰痛ぐらいは置いておきたい物です。いっその事クリスマスが近いのでサンタさんからプレゼントを貰うのではなく、著者自らサンタさんに腰痛をプレゼントしたい物です。

 

しかし、腰痛持ちのみなさん。サンタさんが腰痛持ちになってしまうと、世の中の「良い子」にプレゼントを煙突から投げ入れるという事が出来なくなってしまうかもしれません。なので止めておきましょう。

 

そもそも日本家屋に煙突が設置されている場合が少ないので何とも書けませんが。

 

編成

前編と出現するユメクイは属性が変わっただけなので、ユメクイが使用してくるスキルも一緒です。後編のユメクイの属性は赤属性です。

今回のポイントボーナスの王子様は以下の7人の王子様。多い

 

・ユリウス(青属性)

・ヴィム(青属性)

 

・べウル(紫属性)

 

・アキト(赤属性)

・ヴァイリー(赤属性)

・ジェルバー(赤属性)

・ヘルト(赤属性)

 

圧倒的に赤属性が多いので、赤パの編成は作りやすいと思います。また、ユメクイの弱点が青属性なので、ユリウスとヴィムだけで青パを作るのもアリかなと。

 

しかしながら、著者はそこまで王子様が収集出来ていないので、いつものような「何だかなぁ」編成を作り上げて居ます。

 

通常イベントクエス

前編と一緒の編成を使い続けてもそんなに問題はなかったです。しかし、コインボーナスを増やしたいのでイベント王子様に入れ替えました。

f:id:itinosemikan:20181212205331j:plain

コインボーナスは45%アップです。

フレ様はイベントアキトをお借りしているので合計75%アップです。

 

リーダーのイベントヴァイリーが未覚醒なので、リーダースキルの値が低いですが、体力消費26のクエストをギリギリクリア出来ます。ハートピースが落ちて来ない場合は失敗する事でしょう。

 

安定してクエストクリア出来るのは体力消費22のクエストです。

 

しかし、今の所運良くハートピースが落ちてきてくれているので体力消費26のクエストをクリアしています。

 

スキル

いつものようにスキルに「何だかなぁ」が潜んでいます。

しかし、その「何だかなぁ」にもだいぶ著者は慣れてきているのでそんなに気にしてはなりません。

f:id:itinosemikan:20181212210021j:plain

ヘルトとジェルバーのスキルはほとんど使用していません。ターン終了のギリギリで「ハートピースが無い」という時に運任せとして使用するのは有りだと思います。

主な使用方法としては、ハートピースが有ったとしてもヴァイリーのスキルゲージがマックスだったらヴァイリーのスキルを優先して使用します。

 

そして、今回のユメクイのスキルで「緑ピース出現100%」があります。ユメクイがそのスキルを使用した場合はユリウスのスキルを使用し、ユメクイのスキルを打ち消します。

 

1日1回コインボーナスクエス

1日1回コインボーナスの体力消費25のクエストと、通常イベントクエスト体力消費30のクエストはこちらの編成でクリアしました。

f:id:itinosemikan:20181212205400j:plain

コインボーナスはユリウス2人で20%アップです。

何度かハートピースが落ちて来なくて焦りましたが今の所体力ギリギリになりつつもクエストクリアは出来て居ます。

 

フレ様は青属性HPアップの王子様をお借りしています。


スキル

今回のユメクイの弱点が青属性と言う事と、著者が使い慣れている編成も青属性なので、なかなか著者にとっては素敵な状態です。

f:id:itinosemikan:20181212205934j:plain

メダルボーナスでのユメクイは毒ピースを追加してきます。毒ピースが追加されたら雷のスキル「ランダムピース消し」で多少の毒ピースを消してからピースを消しています。

 

もちろん、全部の毒ピースが消えるわけではなく、ほとんどの毒ピースが残る場合もありますが。その際はフロストのハートピース追加で何とか対応します。かつ、それでもHPが不足しそうになればルシアンで回復しておきます。

 

回復スキルの王子様のスキルを使い果たした後は再びスキルゲージを貯めたいので、ユリウスのスキルを発動させて青ピースの出現率を上げます。

 

なので、最初にスキルゲージがマックスまで行けば比較的安定してクエストをクリア出来る編成です。

 

イベント王子様

後編という事もあり、新しく登場したイベント王子様☆5のヴァイリー1人です。そして赤属性です。

前編のイベント報酬の王子様はジェルバーとヘルトでどちらも赤属性でした。

 

そして後編も赤属性という運営の赤属性推しが大変強いイベントが「聖夜に灯る水晶花」です。

 

仮に「前編参加しそこねたわ」という方もご安心ください。規定回数回せば前編の☆4のジェルバーと☆5のヘルトを1人ずつ入手出来ます。

書き替えれば1人ずつしか入手できないので実際は安心できないのかもしれない。

 

ヴァイリー

ケモ耳のヴァイリーです。通常ヴァイリーを所持していないのでヴァイリーがケモ耳になった経緯が著者には深く分かりませんが、今回のイベントストーリーでも何となく「なんか過去にあったんだな」程度は分かります。

f:id:itinosemikan:20181212205125j:plain

バトルスキルが貴重な固定値回復です。

今回のイベントのユメクイのスキルは「回復力ダウン」と「スキルゲージダウン」を使用してきます。

 

固定値回復は回復力を下げられても回復量は変化しないので安定した回復が出来ます。

また、固定値回復のスキルは発動するために必要なピースが少ないのです。なので、スキルゲージが下げられても直ぐにスキルゲージがマックスになるのでその点も安定して使用できます。

 

眼鏡好きのみなさんへ

著者は眼鏡が好きです。眼鏡を着用していないキャラクターは眼鏡を着用してみるべきだと思うぐらいに好きです。また、眼鏡を着用しているキャラクターは眼鏡を外す動画が作られるべきとも思っています。

眼鏡を外すシーンだったり、眼鏡の位置を直すシーンも好きなのが著者なのです。眼鏡キャラは眼鏡が本体と書いても過言ではないと思っています。

 

一時期、著者の周りの人々は言いました。

「伊達眼鏡とかありえなくね?」

伊達眼鏡だろうと度が入ってる眼鏡だろうと眼鏡は正義なのです。何故著者の周りで一時期、伊達眼鏡排斥運動が有ったのかは今尚謎です。

 

今回のユメクイにはなんと眼鏡を着用しているユメクイが居ましたよ。

f:id:itinosemikan:20181212213839j:plain

王子様に例えるならオズワルドが着用している眼鏡に近いです。

 

サンタも眼鏡を着用する時代ならやっぱり王子様も全員眼鏡を是非着用して頂きたい。

 

夢100@聖夜に灯る水晶花についての記事はこちらから

 前編で使用していた編成について書いています。

itinosemikan.hatenablog.com

 

前編終了後に蓄積しためざめのコインをひたすら使用した結果について書いています。

itinosemikan.hatenablog.com

 

 

夢100@「聖夜に灯る水晶花」前編結果

夢100でめざめのコインを回収し、ひたすらガチャを回す「聖夜に灯る水晶花」の前編が終了しました。

著者にとってはめざめのコインイベントは終了してからが始まりと書いてもほとんど間違いはありません。

 

もちろん今回は「前編」があるので前編が終了したら「後半」が始まります。しかし、その後半の始まりではなくて、めざめのコインイベントが終了する事によって「ひたすらガチャを回す」というイベントがひっそりと始まっているのです。

 

公になっていないので「ひっそりと」ですが、著者にとっては夢100においてひたすらガチャを回すイベントは最大のイベントの1つです。

 

イベント王子様覚醒

前編でのイベント王子様はジェルバーとヘルトの2人でした。両方共パッション属性という事もあり、運営から「赤パでクエストに挑みなさい」と言われている気がしてなりませんでした。

 

それにお答えして赤パで編成を作ってクエストに挑もうかと必死で編成を考えようとしていましたが、結局は何も考えて居ません。

 

自分の使いたい編成または、使いやすい編成でクエストに挑むのが1番良いのです。

 

ジェルバー太陽覚醒

クリスマス効と太陽効果の影響なのか分かりませんんが輝いています。

著者は勝手にジェルバーという名前は「ジュエル」から来ているとも思っているので何の効果が無くともジェルバーは輝いているはずなのですが、普段よりも多めに輝いています。

f:id:itinosemikan:20181210205407j:plain

バトルスキルが下部ピースを消して爆弾を追加してくれるという、なかなか珍しいスキルです。いつもなら「下部ピース消しだけ」、「爆弾追加だけ」なのですが、クリスマスなので運営が奮発した可能性があります。利用する機会があれば有難く利用させていただきます。

 

リーダースキルは今や著者は教育係が溢れかえっているので使用する事はありませんが、初期の頃は重宝する「獲得経験値アップ」です。

15%アップってのは2018年現在の消費税が8%なのでそれより大きいのです。

そして、この先消費税が10%になるらしいですが、10%の1,5倍です。

 

何が書きたかったのか「15%の変化って大きいんだよ」という事です。

 

ヘルト太陽覚醒

ジェルバーと同じで太陽覚醒です。

サンタさんは著者の中では白髪のイメージです。しかしヘルトがサンタだとすると金髪です。

 

仮に著者が幼少期の頃にサンタさんが金髪で現れたとしましょう。

普段金髪を見慣れて居ない幼少期の著者は恐怖で大泣きする事でしょう。

 

しかし、覚醒前のストーリーを真面目に読みましたがヘルトはイケメンです。挙句に頭の回転も速いスペックの高いイケメンです。幼少期の著者は大泣きしている暇があるのなら少しは可愛らしくすべきなのです。

f:id:itinosemikan:20181210205433j:plain

ジェルバーと同様にバトルスキルは「爆弾追加」です。前回の記事でも書きましたが爆発はよろしくありません。また、サンタが爆弾を配り歩くのもよろしくありません。

爆弾を使用して良い現場はボンバーマンだけなのです。

 

しかし、ヘルトが配る爆弾にはきっと子どもが喜ぶ仕掛けがきっとあるはずなのです。「爆発」と言っても本格的な爆発ではなくてクラッカーレベルなのでしょう、きっと。

 

リーダースキルは「強化爆弾確定」と「赤属性HP15%」アップです。

著者にとって強化爆弾は需要はありませんが赤属性HP15%アップは需要があります。

そもそもHPアップと回復力アップがあれば夢100のクエストは時間が恐ろしくかかりますが大半のクエストはクリア出来ます。

 

ですが、やはり運営から「赤パでクエストをクリアしなさい」と言われている気にしかなれません。

 

規定回数回した結果

☆5ヘルトが確定で出てきてくれる90回まではイベント中に回しましたが、その後からは回していなかったので結構な回数をイベント終了後に回しました。

もちろん、規定回数回した後にもめざめのコインは大量にあるわけです。

 

ジェルバー

f:id:itinosemikan:20181210205318j:plain

8枚です。☆4の王子様なので規定回数よりちょっとプラスで出てきてくれます。もちろん著者は「ちょっとプラス」ではなくて良いのです。「結構プラス」の方が有難いのです。

 

しかし、「強欲は正義」とも巷で言われていますが著者は強欲になれる程元気はありません。元気がない代わりになるのは腰痛です。

 

ヘルト

f:id:itinosemikan:20181210205347j:plain

6枚です。なのでシークレットストーリーはそれぞれ読める枚数は揃いました。しかし、☆5王子様は愛情突破マックスにしたいので残り4枚は出てきて欲しい所です。

 

ひたすら回した結果

いつものように規定回数コンプリート後の確定報酬のあるガチャは回しません。めざめのコイン2000枚を使用しちまちまと時間と労力をかけて回します。

著者にとっては労力はあまり厭わないのですが、時間には執着します。

しかし、世の中の偉い人は「時間は作りだせ」と言います。それが出来たら苦労はしませんので早く今より老人になって定年退職したいのです。

f:id:itinosemikan:20181210205904j:plain

そして、いつもの様にほとんどの☆3王子様がリングの欠片に変えられます。もちろん、著者はそれが狙いなのです。

なにより、今月のリングの欠片交換所に登場したクロノを引き換えれていません。

 

という事でクロノの為にひたすら「2000枚で10回プレイ」をタップし「OK」をタップする繰り返しをします。そして、王子様のスキラゲも同時進行で進めて行きます。

 

クリスマスが近いので忙しい方も多いですし、そもそも最後まで読むのが面倒な方に結果を先に書いておきます。

 

「今までのめざめのコインガチャで1番酷い結果でした」

 

それに尽きます。

 

☆4ジェルバー

f:id:itinosemikan:20181210222137j:plain

10枚丁度出てきてくれました。しかし、☆4の王子様はそんなに重視していないので、太陽または月のどちらかだけ愛情突破マックスにして、2人お別れしてリングの欠片にする予定です。

 

☆5ヘルト

f:id:itinosemikan:20181210222119j:plain

7枚です。そうです、7枚です。

めざめのコインを大量に使用し、大量の時間をかけた結果1枚ヘルトが増えました。

 

なかなか珍しい結果かつ残念な結果なのです。

 

しかし、今回のめざめのコインイベントは前編と後編と2部構成です。

なので後半の確定ガチャでヘルトは1枚出てきてくれます。なのであまり気にしてはなりません。

 

☆3王子様

ダブりが居ないというなかなか珍しい結果です。

f:id:itinosemikan:20181210222101j:plain

12枚です。

 

以下長めの内訳

・アピス

・クレト

・アザリー

・ロルフ

・ジェイ

・ツヴァイ

・ルーフェン

・デネブ

・ドライ

・グウィード

・澄快

・ヴィム

 

全体的に今回のめざめのコインイベントは渋い結果に終わりました。ただ単に著者の運が無いというのも考えられます。

クロノを引き換えれるぐらいにリングの欠片は所持しています。しかし、引き換えてしまうとリングの欠片が2桁の個数になってしまいます。なので、後編でのガチャに期待します。

 

という事でクリスマスも近いのでサンタさん(仮)から運を頂けることを祈り続けるしかないのです。

 

前回の夢100@聖夜に灯る水晶花についての記事はこちら

 使用している編成や覚醒前の王子様について主に書いています。

itinosemikan.hatenablog.com

 

アイ★チュウ@ビンゴイベント「隠し事を指先に秘めて」

アイ★チュウでビンゴイベント「隠し事を指先に秘めて」が始まっています。

メインの☆5アイチュウはランスロット三千院鷹道です。

 

前回のイベントでのメインがランスロット赤羽根双海でした。その事もありランスロットは2連勤です。

 

という事で次のイベントで轟一誠がメインの場合は3連勤となります。双海が働き過ぎでニートというキャラクターを疑われる事になるでしょう。

 

前書きの最後に書かせてください。

世の中の隠し事の大半は指先では隠れません。

隠し事は確実に隠せる状態にして、自分自身隠しきった事を忘れるレベルにしましょう。

 

 

編成

最初の頃は属性別の編成を作成していました。しかし、スコアもくまカロンボーナスもほとんど一緒なので1つの編成でプレイしています。

f:id:itinosemikan:20181208000655j:plain

フレ様はほとんど判定強化のアイチュウを使用しています。何分リズムゲームが下手なのでグレートを量産してしまう著者です。

ハードですら判定強化無いとオールSが取れないぐらいに下手です。 

 

しかし、ビンゴイベントではスコアだけではなく、様々な条件があるのです。

著者は「スコアだったら稼げるのに」というプロデューサーです。

なので、ノーミスだったりパーフェクト回数がクリア条件のビンゴイベントは多少つらい面もあります。

 

しかし、使用するLPが12という少なめなので何度もチャレンジできる素敵なイベントがビンゴイベントです。普通はエキスパートの楽曲は20のLPを消費するので多く楽曲をプレイする事が出来ます。

また、イベントランキングも無いので、気軽に参加出来ます。そして、時間をかければ確実にイベントアイチュウが手に入るのです。

 

リーダー

ランスロットでオールスコアアップのアイチュウが居なかった為、クラウンで急遽引き換えました。使用したクラウンの個数は15個。

そして、双海が遊ばれているのか、お兄さんをやっているのかどちらなのか分からないカードです。

1枚のカードに2人の人物がいるのはお得感がします。お得感を味わいたい方はよろしければ推しメンスカウトでお引替えください。

f:id:itinosemikan:20181208002720j:plain

クラウンに余りはあるので、チェンジしてGRにしても良いのですが、今の所は予定はありません。いつかきっとガチャで出てきてくれる事を心からお待ちしてます。

 

カードスキルは体力回復です。

今回はピンアを使用する編成ではないので体力を減らして楽曲をプレイする事はありません。しかし、この先のランスロットをメインにしたツアーイベントがある場合は活躍するカードです。

 

ニートなのに働かせてごめんね、双海。

そろそろ働く事も楽しくはないだろうけど、苦痛でもなくなってきている事を祈りたい。

 

イベントアイチュウ

累計くまカロンでそれぞれ1枚ずつ入手する事が出来ます。

しかし、チェンジ用とエトワール用で2枚以上は欲しい著者はせっせかと楽曲をプレイしてくまカロンを回収しなくてはなりません。

 

そして、いつものように累計くまカロンの報酬にはエトワールクマやクラウンがあります。間に合うようにきっと未来の著者が何とかしてくれる事でしょう。

 

アイキッズ 牧瀬真弓

雰囲気が鷹道です。もしくは鷹道が真弓に寄せている可能性もあります。

f:id:itinosemikan:20181208000830j:plain

カード名は「白鳩を捕まえて」です。著者は最初「白鳥を捕まえて」だと思いました。きっと著者だけではなく世の中の数パーセントの方は思ったのではないでしょうか。

 

とりあえず白鳩も白鳥も飛ぶのでそう簡単には捕獲出来ません。

著者の幼少期には鳩を捕獲する超人な同級生が居ましたが、止めましょう。野生動物を素手で触る事はあまりよろしくありません。

 

このカードを見る限り真弓はあまり「キッズ」感が感じられません。

時々ジャケットを着て腕を組んでいる感じの大人は世の中の道端で見かけるような気もするのです。

 

著者自身、スーツを着て腕を組んで歩いている事は多いのですが、オススメしません。仮に腕を組んで道端を歩いて何かに躓きましょう。

 

顔から着陸する事になり、眼鏡を着用している著者は顔面が多少傷付きます。プラスでスーツも汚れます。残念。

 

 ☆4 枢木睦月

マジックだと皐月のイメージがありますが、今回のSRは睦月です。恐らく、最近のイベントで皐月がメインのイベントがありました。なので、今頃皐月は休憩しています。

f:id:itinosemikan:20181208001052j:plain

カードスキルはスコアアップで、グループスキルは青ピンアです。

スコア重視のジャックイベントで活躍するカードです。

 

世の中のマジシャンは言います。

「タネも仕掛けもありません」と言いますが、嘘はよろしくありません。

「タネ=種」の場合は確かに無いのかもしれませんが、仕掛けが無ければマジシャンは超能力か何らかの能力でマジックを行っている可能性が考えられます。

 

世の中のマジシャン全員が謎の能力を持っていたらその能力を伝授する方に力を入れればマジックを披露するより儲かるはずなのです。

 

という事で著者は謎の能力が欲しいので睦月の所へ修行へ行きたいです。ですが、睦月は人に能力を伝授するよりも1日10時間睡眠を確保する事が優先順位は高いはずなので、著者は相手にされる事は無いでしょう。残念。 

 

☆5 三千院鷹道

マジシャンの衣装が似合っている鷹道です。ランスロットの中では1番マジシャンの衣装を着こなす事が上手いのではないでしょうか。

そして、鷹道は何だかんだで1番手先が器用なイメージもあります。将来的にはアイドル×マジシャンという新たな道を開拓して頂きたい。

f:id:itinosemikan:20181208001121j:plain

カードスキルは判定強化でグループスキルは赤ピンアです。

今回著者が欲しているのは判定強化なので、さっそく編成に使用させていただきました。

 

カードスキルのミスディレクションと聞くと「黒子のバスケ」しか連想出来ませんでした、すみません。

恐らく黒子のバスケでも使用されている物と一緒で意味としては「相手の視線を逸らす事」という意味です。マジックでよく使用されている技術に1つです。

 

しかし、鷹道がマジックをしてくれるとマジックを見るより、鷹道を見るのでわざわざミスディレクションという技術を使わなくても視線は逸れて居る事でしょう。

 

アイ★チュウについての他の記事はこちら

 前回のイベントについてです。ランスロット連勤おつかれさま!

itinosemikan.hatenablog.com

 

ポケモンXY@10日目「(´・ω・`)出来ます」

ポケモンXYのプレイ日記です。日記と書きつつ毎日プレイしているわけでなくて、著者が気になった所の写真を撮りその写真を見て振り返っている記事です。

「@10日目」となってますが、「@第10回目」のような感じにすればよかったなぁと今更ながらに考えています。

 

10日分全て修正するのは簡単です。しかしながら、その作業をするなら撮り貯めた物を排出すべきだと著者は考えたのでこのまま書きます。ご了承ください。

 

ポケモンXY@9日目の記事はこちらから

itinosemikan.hatenablog.com

 

今回のメインは(´・ω・`)となる事です。

実は、前回の記事も読み返してみるとそれなりに(´・ω・`)になれました。

最初は(´・ω・`)とはなりませんが、後半は(´・ω・`)ですべてが構成されています。

(´・ω・`)になりたくない方はどうか他の記事をお読みいただければ著者は大変喜ぶ事でしょう。

 

 

世の中クリスマス

この記事を書いている時は12月です。著者の職業上、年末にかけて半端なく忙しくなる職場です。なので、クリスマスなんて存在しませんが世の中12月はクリスマスです。

f:id:itinosemikan:20181206003223j:plain

「ほしのかけら」はいかにもクリスマスっぽいです。

「クリスマスっぽいわ、幸せそうだな」で終わらせればよいのですが、何故道端に落ちてている物を主人公が「あ、これ星の欠片だわ」と思えたのかが気になります。相当目利きが良いと考えられますが、気になったので著者は世の中の9割を知っているグーグルさんに聞きました。

 

そもそも星は遠い所にあるので落ちて来ません。もちろん、星そのものが落ちて来ないわけで、欠片も落ちてきません。

 

と、グーグルさんは教えてくれました。

 

という事で、これは星の欠片ではない事が判明しました。恐らくただの岩か模造品でしょう、きっと。

 

クリスマスっぽいポケモン

たった1日だけ、サンタさんのソリを引いて仕事していそうなポケモンを捕獲しましたよ。

f:id:itinosemikan:20181206004317j:plain

メェークルというポケモンです。

「メェー」と鳴くから「メェークル」という名前になったんじゃないかと考えられます。著者の知っている限り「メェー」と鳴く動物は羊とヤギ。そして、時々猫が「メェー」と鳴くそうです。

 

しかしながら、トナカイは「メェー」とは鳴きません。

 

「だから何だ」と思われた事でしょう。

 

という事で、誰かこの話のオチを付けてください。

 

城へ行けという指令

ジムリーダーを倒しまくり、倒しまくったら図鑑をコンプリートするのがポケモンだと思うのですが、寄り道もポケモン1つです。

f:id:itinosemikan:20181206004502j:plain

城の名前が「ショボンヌ」です。もう1書きます。「ショボンヌ」です。

 

(´・ω・`)←こんな感じの城を想像してしまう著者です。

 

そもそもこの町の名前が「コボクタウン」です。前回の記事で触れましたが、「コボクタウン」を漢字で書くと「古木町」です。感じの間に平仮名を入れて修飾すると「古い木の町」です。

 

町の名前からしても何となく(´・ω・`)となってしまいますが、城の名前も(´・ω・`)です。

 

 

ショボンヌ城に到着

外観はシンデレラ城のような城ではなかったとだけ記載しておきましょう。

また、そんなに見た目は(´・ω・`)とはなれる見た目ではありませんでした。しかし、「この城に住んでプリンセスになりたいわ」と思う城でもありませんでした。

f:id:itinosemikan:20181206004700j:plain

時々名前を「みかん」にしてしまった事を後悔する事件です。まるで誰かが蜜柑を落とし「あ!蜜柑が転がってしまった!」みたいな展開が起きてしまったのではないかと思ってしまうからです。

 

今後そんなシーンがあるとするのならばいろいろとややこしくなります。想像してみたら以下のようになってしまいました。

 

「あ!みかん、みかんがそっちに転がってしまったよぅ!みかん、みかん拾ってよ!」

 

文章にして書き起こせば理解できますが、突然言われたら分からない事でしょう。言われた本人は蜜柑を拾うどころではなく「え?なんて言った?」となる事でしょう。

 

学芸員さんとの会話

頭にハチマキを着用している珍しい学芸員さんです。本当に学芸員さんなのかどうかは分かりませんが、この城について(´・ω・`)となるぐらいには詳しいので学芸員さんです。

f:id:itinosemikan:20181206004752j:plain

やっぱり(´・ω・`)する城なので観光客は少ないと考えられます。

わざわざ、(´・ω・`)したい方は世の中多くはないのです。

 

ですが、著者は時々(´・ω・`)になりたいのです。

 

著者は死にそうなレベルの量の仕事をこなした時無駄にハイテンションになります。そういう時は「こんなにハイテンションになったら死ぬ」と思うので自分自身(´・ω・`)になろうとします。

 

仮に著者と同じような方が居れば別ですが、そういう方は世の中にどれぐらい居るのか著者には分らないのです。

 

ショボンヌ城について知れます

なにか語れとも言わずに勝手に語ってくれる素晴らしい学芸員さんです。かゆい所に手が届くとはこのような事を言います。

f:id:itinosemikan:20181206011825j:plain

そうです、見た目は「古い木の町」を連想させるぐらいに古い感じだったのです。それを簡単にまとめるとどうやら「歴史がある」となるそうです。

 

著者的には定期的に外装工事をして頂きたいものですが。

古い城というのは素敵ですが、やはり耐久工事をしていただいて、強度を上げて「その古さを保ちつつも丈夫」というのが1番良いと思うのです。

 

「古くて倒壊してしまいました」だと笑えません。

仮に中に観光客の方が居たら尚笑えません。城好きな方はもしかしたら貴重な体験をしたと思うかもしれませんが、それでも笑えません。

 

f:id:itinosemikan:20181206011906j:plain

あげた物が貴重な物だったら恐らく現代ではメルカリで転売される可能性をどうして考えなかったのか。

貴重でない物でも多少珍しい物なら、メルカリで転売すればきっと誰かの手に渡るでしょう。

 

f:id:itinosemikan:20181206011957j:plain

 広々としてるのは良い事です。「窮屈な生活、窮屈な家計、窮屈な靴」等々「窮屈」という言葉が付く物は何1つ良いイメージはありません。

 

そう思ってはいませんか?

 

いえ、そんな事はありません。

想像してください。

 

狭い箱の中に多くの猫が入りたがって窮屈になっている光景。

 

想像するだけで可愛いので、意外にも窮屈でも幸せになれる事は多いのかもしれません。

 

f:id:itinosemikan:20181206012032j:plain

アッサリと終わられると (´・ω・`)となってしまいます。

良いのです、今回のメインは「(´・ω・`)になる事」それに基づいていなければなりません。

 

そもそも、学芸員さんの話が永遠に続いてしまったらそれこそ(´・ω・`)となってしまいます。なので終わっただけ良いと思うしかないのです。

 

ショボンヌ城から退出

友達(仮)と主人公と学芸員さんの世界に新たな登場人物が現れました。

f:id:itinosemikan:20181206012110j:plain

そうです、「あいつ」が来ました。みなさん、知っていますか?あいつの事を。

もちろん、当時の著者は知りません。何となく予測はしていましたし、その予測は当たっていましたが。

 

しかし、あくまで予測なので(´・ω・`)となってしまうのです。

 

わざわざ「あいつ」としなくても本名を出してあげれば良いのにと思ってしまいます。その事を考えるだけでも(´・ω・`)してしまうのです。

 

学芸員がいきなり自分の事を「あたし」と言いだします。

新な登場人物は「だんな!」と言い入ってきました。なので、学芸員さんは男性だと考えられます。しかし、学芸員さんは自分の事を「あたし」と言いました。

何となく(´・ω・`)してしまいます。

f:id:itinosemikan:20181206012211j:plain

これは、城に入って早々7番道路へ行けという事でしょうか。まだ入り口に入っただけですが、即退場して、新な寄り道をしろという事が考えられます。

 

やっぱり(´・ω・`)してしまうのです。

 

マモル君は守る物を考えるべき

折角ここまで読んでくださった方には申し訳ないので、最後は(´・ω・`)しない事を書いて終わらせてください。(´・ω・`)したままが希望な方もよろしければ読んでください。

f:id:itinosemikan:20181206015020j:plain

草むらの中で短パンを履くのは自由ですが、著者的にはオススメしません。

最近ではとても小さいダニですら人を殺しに来ます。なので、草むらに入る時は長ズボンをオススメします。そして、長そでをオススメします。

 

最終的にはなるべく草むらに入らない事をオススメします。

 

体質によりますが、世の中の人々の1定数の方には「草アレルギー」を持っている方が居るそうです。尚、著者も草アレルギーを持っているらしいです。

 

この「らしい」というのは実際に検査したわけではないので「らしい」なのです。

ある日半袖で草むらに入ったら腕だけ蕁麻疹が出たので勝手に著者は「これは草アレルギーだぜ」と思っているだけなのです。

 

それ以来著者は所持している半袖を全て捨て、今や年中無休で長袖を着用しています。良いのか悪いのか分かりません。

 

短パン少年の名はマモル

短パンという軽装備で何かを守るマモルくんです。

f:id:itinosemikan:20181206015051j:plain

見てみると短パンだけでなく、半袖のマモルくんです。道端で歩く事の出来る中で1番軽装備で何かを守るマモルくんです。

 

もしかして、毎日普通の人が考えられないぐらいの量の筋トレをしていて装備は不要なのかもしれません。

しかし、筋トレをしても草アレルギーにはきっと勝てないでしょう。

 

アレルギーってのは体質です。体質を筋トレで治す事は出来るのかもしれません。しかし、著者はアレルギーの専門家ではないため分かりません。

 

少なからず筋トレで体力を手に入れる事は出来ます。体力でアレルギーがどうにかなるとかはやっぱり分からないのです。

 

まず自分を守るべき

何度も書きますが、ポケモンの中で勝負を挑まれて負けたらゲームオーバーです。なので、著者は勝ちます。

f:id:itinosemikan:20181206015132j:plain

草の感触だと良いのです。しかし、「くすぐる感触」ってのは蕁麻疹に近いのです。

彼は短パン半袖という軽装備なので、著者は腕だけの蕁麻疹で済みましたが、マモルくんはほぼ全身の蕁麻疹になってしまう可能性があるのです。

 

みなさん、どうか草むらだったり、山や森へ行く際には重装備はしなくて大丈夫です。しかし、露出している肌を隠しましょう。

Food Fantasy@桜の島レシピコンプリート

Food Fantasyという別名「飯テロゲー」を事前登録して、リリース当日からプレイしています。

実は本名が「飯テロゲーム」で別名が「Food Fantasy」なのかもしれません。仮にそうだとしても何も違和感はないので気にしてはなりません。

 

 

桜の島レシピコンプリート

リリースしてから何日経過したとかは分かりません。数か月は経過しております。そんな中、最初に選んだ桜の島のレシピを無事コンプリートしました。

f:id:itinosemikan:20181204224356j:plain

こう揃ってみるとミニチュアみたいで可愛い。何よりも謎の達成感があります。

 

注文の為の料理のストックは10個にしています。正直そんなに必要なのかは分かりません。料理を作る度に経験値を頂けるので調味料の続く限り10個を超えても作る場合があります。

 

次に選択したレシピはグルイラオです。

グルイラオを選択した理由としてレシピにパイナップルジュースが有るからです。

真偽は分かりませんが、レストランで出す料理としては1番効率が良い料理と聞きました。

 

桜の島のレシピで効率が良いと考えられる料理は冷奴らしいです。ですが、回転が速すぎて常にスマホを見続ける生活をしなければなりません。なので、1番食事に時間のかかるミドリガイ炒めを使用しています。

 

ちなみに、攻略サイトを見ながらレシピを埋めてるので材料が有るレシピは埋まる事でしょう。そして、光耀大陸も同様に埋まる事でしょう。

 

軽い自己紹介

Food Fantasy内では「いちのせみかん」という名前でプレイしています。

f:id:itinosemikan:20181205001924j:plain

名前を漢字にしても良かったのですが、変換を押すのが面倒だったのです。そして、「一ノ瀬」なのか「一之瀬」なのかどちらの漢字なのかをTwitterで確認するのが面倒だった結果平仮名になりました。

 

別に確認するのはブログでも良かったのですが、未だに確認していないという事は著者自身漢字に強い執着は持っていない模様です。

 

プレイヤー名を考えるってのは結構面倒なものです。

とりわけ、フードファンタジーでは2回目以降の名前変更は有料なのです。

 

名前変更にお金を使っても何とも思わない方は居るのかもしれません。しかし、著者は何となく名前変更にお金を使いたくないのです。

 

今の所推しは以下の4人。

・赤ワイン

・北京ダック

ビーフステーキ

・さんまの塩焼きの下に居る猫

f:id:itinosemikan:20181205015934p:plain

さんまの塩焼きも好きなのですが、この赤いリボンをお召しになった猫が可愛すぎて実はこの子がさんまの塩焼きの本体なのではないかと考えて居ます。

 

著者は「推しは変わるのではない。増えるのだ」という方針です。この先も増える事でしょう。

世の中には「あー。もう推し変わっちゃいそうだわ」とか言う方が居ます。しかし、わざわざ変える必要はないのです。

 

推しはどんどん増えれば良いのです。

 

初期で役立った編成

正直ガチャ運だったりいろいろな事情でどうしようも無い事はあります。ご安心ください、著者にもガチャ運が無いので初期から立派な編成は作れていませんでした。

欲しい食霊が出るまで最初のガチャを回す「リセマラ」というのが存在しますが、著者は行っておりません。理由としては「きっと欲しい食霊もいつか手に入るだろう」という考えだからです。

f:id:itinosemikan:20181205003826j:plain

流石に堕神だったりレベルまでは当初の物を再現する事は出来ません。ご了承ください。

竹飯が出てきたのはもしかしたら運が良いのかもしれませんが、他の食霊は確実に入手できる食霊です。

 

紅茶とミルクのコンビは初期から中盤まで十分使用できる組み合わせだと思います。紅茶とミルクは毎日ハードステージをクリアすれば欠片はそれなりに集まります。なので、☆を上げやすいのも魅力です。

 

ですが、この編成の最大の難点としては、「盾が居ない」これに尽きます。

後半のステージになるにつれて盾は必須になります。もちろん、序盤でも居れば楽なのですが、序盤は正直攻撃だけで突き進む事も無理ではないです。

 

現在の編成

月見台の最終ステージまでこの編成で行く予定です。もしかしたら変えるかもしれません、ご了承ください。

f:id:itinosemikan:20181205003420j:plain

墜神次第でどうにでもなりますが、割とスキルは重視しています。

 

この編成ではウォッカとB-52の連携スキルが役に立ちます。なので、ウォッカをリーダーとしています。

桜の島の後半のステージはウォッカとB-52以外の食霊が倒れた後に、ウォッカの連携スキルを発動させ、才能で他の食霊を復活させていました。

 

フォアグラソテーの魅了が決まれば尚早くクエストクリア出来ますが、その辺りは残念な事に運なのです。

 

ギルド始めました

レシピをコンプリートして「これはギルド建設の時期じゃね?」と思った著者はギルドを建設しました。

費用として石200個。これが高いのか安いのか相場を知らない著者は何も考えずに200個の石をお渡ししましたよ。

f:id:itinosemikan:20181205002352j:plain

ギルド名は「飴缶」です。眼鏡が好きな著者は眼鏡にまつわる名前にようとしましたが、既に存在していました。

なので、帽子も好きな著者は帽子にまつわる名前にしようと考えた結果「飴缶」になりました。

 

正直、著者自身もどうして「飴缶」というギルド名になったか分かりません。知っている方はこっそり教えてください。

 

ギルドを建設して思ったのは「もっと早く建設すべきだった」これに尽きます。

 

普段ワールドチャットに出ない著者は、出ないだけであって見物はしています。挙句に荒らしっぽい方を見かけるとワールドチャットに出ないくせしてブロックします。意味のある行動なのかどうかは分かりません。

 

しかし、ワールドチャットで「パスタわーい」だったり「カヌレ最強」だったりと様々な発言を見かけるのです。

 

そうです。ワールドチャットに出て居ないのに何故か孤独感を覚えたのです。

「え?パスタとかカヌレはガチャで出るっしょ」とか思った著者はガチャの詳細を見ました。そこにはパスタもカヌレも居ませんでした。

 

孤独感だけではなくて敗北感も味わえました。

 

ギルドに加入するとギルドクエストが出現します。ギルドクエストをクリアするとギルドコインが貰えます。

 

そして、そのギルドコインはギルドショップで食霊の欠片や、霊火だったりと様々な物に引き換えれます。ギルドクエストはデイリークエストとそんなに変化が無いのでクリアするのは簡単なのです。

 

という事で、ギルドに入る事が出来るようになったらすぐにギルドに加入するか建設しましょう。悪い事は有りません。

 

グルイラオもコンプリート

ブログを書きながらちまちまと開発していたらこちらもコンプリートしました。残りは光耀大陸のみです。

f:id:itinosemikan:20181205005214j:plain

どんどんレシピを開放して、食霊に料理をおごり、好感度をさっさと上げてしまいたいのです。

 

Food Fantasyについて他の記事はこちらから

今回の記事では「ギルド始めました」ですが、当初は「冷やし中華始めました」路線で文章を書いていた残骸が読めます。

itinosemikan.hatenablog.com

 

初期プレイヤーの方には役立つ記事なのかもしれないです。

itinosemikan.hatenablog.com